1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/06/02(土) 08:35:21.80 ID:???
 電力市場の自由化を議論する経済産業省の有識者会議「電力システム改革専門委員会」
(委員長・伊藤元重東大教授)は31日、既存の大手電力会社の発電部門と送電部門を
切り分ける発送電分離の実現に向け、本格的な議論を始める。数カ月先の電力を予約売買
できる電力先物市場の創設も検討し、取引の活性化を図る。

 経産省は今後、具体的な制度設計を進め、早ければ来年の通常国会に電気事業法改正案
を提出、平成26年度以降の段階的な実施を目指す。

 これまでの同委員会の議論では、電力大手が発電、送電、小売りを独占的に手がけ、
消費者に事実上、電力会社の選択権がない点に批判が集中している。

 経産省は電力市場の自由化を進めるため、特定規模電気事業者(PPS)や再生可能
エネルギー発電事業者ら新規事業者の市場参入を促進する。まず電力会社から送電網の
運用を切り離し、公共的な機関が運用することで中立性を確保。新規に発電事業に参入
しやすくする。

 また、小売り部門でも、電力会社の独占状態にある家庭向けの電力売買に新規参入を
認め、それに伴い、家庭向け料金も完全に自由化する方向で検討する。

 一方、電力を自由に売買できる日本卸電力取引所(東京都港区)の活性化も模索。
現在、電力小売量に占める同取引所の取引量は0・6%に過ぎず、先物市場を創設したり
、電力会社に同市場での取引を義務付けるなどして、透明性の高い価格形成を図る。

ソース:SankeiBiz
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120531/mca1205311152013-n1.htm


11 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:04:01.15 ID:nyrTF2Wj
>>9
需要>>供給の、状態でなんで安くなると思えるんだよ
発電元が増える分、配電送電コストも上がるぞ
うまく行っても料金が下がるのに十数年かかるだろ


12 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:06:45.96 ID:EnbrxjzY

スマートメーターの普及で、消費者が電力会社を選べるのが気に食わない
ゆえにガラパゴス規格仕様のスマートメーターにしたい
再エネ普及で、電気代が倍になるの嘘
ドイツ、FIT20年間で必要がなくなると予測 再エネ産業は原発と違い保護なしの段階的自立へ

一般家庭の電気代を自由化しなかった笑える理由
日本だけ頭の悪い過去の競争政策と現状 → 構造問題 世界一高い電気代になる日本の総括原価方式 → GDP成長機会損失
総括原価方式で必要経費に認められる広告費でメディア・大学を支配

さらに詳しいことは放送を視聴で


14 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:07:39.99 ID:dcb1t65w
で、東電批判、原発反対派は馬鹿だかくて
不安定な自然エネルギー会社の電気を利用するんだよな。


15 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:09:50.01 ID:2MB8drSB
たとえば岡山県に

「東京電力の発電部で〜す!
現在、お客様は四国電力の発電部と契約されてますが、
もし私どもの方に2年契約で乗り換えていただけましたら最新ゲーム機をプレゼントしますよ♪」

みたいな営業が来るのか


16 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:19:09.64 ID:ifWZeWp3
物理的に時間がかかるのは分かるので、完了時期の明確化はいらん!
ただ、法律で受け皿組織を早々につくれ!今のところは実態だけでいい!
今期中に法案出せ!

とにかく、コイツラみたいなのはゴキブリだし、裏工作で色々やるしか
能のない連中だから、そっちへの対策が急務!今期中に道筋を法律として
立案しろ!きめろ!


17 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:20:37.21 ID:tjukCqLJ
電力会社の給与は国が決めるべきだろ。料金安定するよ。

発電会社がばらばらになって電力調整できるのか。


18 :叩く人:2012/06/02(土) 09:22:33.86 ID:mWivPdq7
反対。
原発補償に関してはいわゆるチッソ方式でないと税金を投入することになる。
とっととその路線に戻すために自由化はすべきでない。
反原発の言う全部東電に負担とか言うのは全く非現実的(金が足りない)なので無視。


19 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:23:05.87 ID:ZqJPcBAG
発送電分離して不具合なければ良いと思う。
ただ、台風等が原因の停電が発生した場合、今と同程度の時間で復旧できれば良いが。
一回停電すると2日位復旧できなくなりそで不安でげす。
今だと長くて3時間、平均で1時間位で復旧するよ


20 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:26:29.29 ID:nyrTF2Wj
>>19
台風による停電って
大抵が送電線の不具合だし、そこは発送電分離しても変わらないんじゃないか?


21 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:27:16.36 ID:aO70FcFq
揚水発電所も活用できるのではないでしょうか。


22 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:28:12.51 ID:feoPiMf9 ?2BP(0)
電気は保管出来ないもの 先物はダメ。


23 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:31:17.24 ID:HF7C8ijb
発送電分離でなくて電力営業部門の分離をすればいい

電力会社が顧客営業をかけることを禁止して
家庭にはセブンイレブンやイオンが電力の顧客営業をする
郵便局や住宅販売会社がやってもいいかもしれない
企業には商社などが顧客営業をする

この方が競争政策の実があがる
発送電を分離して電力供給義務を外すことで”不安定供給”のリスクを高める必要はない


24 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:33:00.71 ID:HF7C8ijb
しかし電力先物市場とか金融業を喜ばせるだけの新自由主義政策が
経済産業省に幅を利かせているのはどういうことなんだ


25 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:33:21.21 ID:nyrTF2Wj
>>23

それじゃ、今とあまり変わらんぞ


26 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:34:11.07 ID:c7Q6lriM
一口に発送電分離といっても、送電部門を全部国有化するのか民間委託になるのか
それともセクター方式になるのかで、運営もメンテナンスも設備投資も施工管理も変わってくるからね
それと発電部門に関しては自由化の場合、高い固定買い取り価格の再生エネルギー電力の受け皿の問題もある


27 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/06/02(土) 09:37:31.91 ID:th3Maz3U
電力先物って外資を規制しないと食い物にされるぞ。



28 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:40:42.48 ID:c9WV6y1V
禿電はお断りします。


29 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:41:59.48 ID:HF7C8ijb
>>25
売営業業者は一つの電力会社の専属業者でないぞ

保険会社でいえば日生とか住生とか専属の営業を禁止して
すべてのセールスパーソンが複数社の営業をするわけだ

もっとも小売営業分離をしても新電力参入による競争でなくて
むしろ既存電力が他の電力管内に浸透することによる競争になるだろうね


30 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:45:49.11 ID:ZqJPcBAG
>>20
送電のメンテナンスを行う会社が今までと同じなら良いけど、
効率upとかで人減らすとか言うとどうなんだろうねえ。


31 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:45:50.80 ID:EnbrxjzY
発送電分離をしていない先進国は遅れた日本だけwww


32 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:47:32.83 ID:ZM+BsNlz
送電や配電は国営化するべきだろ?



34 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:49:51.44 ID:7FuS1nnL
分離した場合、供給量の調整は誰が担うの?

あと、ドイツは風力増やすのに比例して火力も増やしてるんでしょ?
日本で自然エネルギーって騒いでる連中も調整用の電源を確保するんだよな?
まさか、曇ってる日や無風の日は他の発電会社にお願いしますなんてことないよね?


35 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:50:25.24 ID:c7Q6lriM
発電部門に関しては第一に安定した電力を供給出来る事が望ましい
生産活動や生活に重要なエネルギー電力を扱う訳だから安かろう悪かろうでは済まない
格安だけどリスクは高いなんて事はないように、そこらへんの基本的なところも押さえていかないとね


36 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:50:43.20 ID:MtTn7h6b
>>7
平成26年度以降だぞ。2026年度以降じゃねーぞw

取引市場もバックアップを探す場になればいいんだが、
自前の発電所を持たず取引だけで調達する虚業の発電業者が出るのが心配。
禿とかそうなりそうだし・・・


37 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:52:17.59 ID:KhQk1Ldb
先物って.....原油、穀物とか投機筋が蔓延ってるとこがどうなってるか理解してないのか?


38 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:54:53.25 ID:HF7C8ijb
不安定供給の損害は全国民が被るからな

一般の商品では自由化すれば「高くて高品質」と「安くて低品質」の両方を選べるが
電力事業は国民一律にどちらかしか選べない
だから「自由化で選択肢が増えてよい」といのは電力事業には当てはまらない


39 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:56:11.75 ID:L+L/VyjW
一社独占のほうが不安定だっただろwww


40 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:58:23.78 ID:dOH3eerb
電力会社がここまで厚かましいのは、競争がないから。
資本主義なんだからさっさと分離して競争
させろ。
安定供給のメリットよりも、電力会社を選択できるメリットのほうが断然でかいわ。


41 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 09:59:11.53 ID:ZfvfMXHs
EUで失敗した政策なのに、どこまで馬鹿なんだろ経産省


42 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:06:37.93 ID:xW/nh3Wr
電力を自由に売買できる日本卸電力取引所(東京都港区)の活性化も模索。




はあ?


43 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:07:23.16 ID:NjSftA6m
電気代を安くしたいなら、原理的には国営が一番。
国営なら、民間会社と違い、
 経営幹部の高額の報酬や 社員の給料、福祉などに規制が懸けられるし
 株主に配当するための利益 なども必要ない、
 子会社への天下りなど、癒着などに規制がかかり、監視の目が行き届く、
 燃料は国の力で買い付け交渉ができる、
 いろいろな名目で税金を投入して電気代を安く維持し、企業の国際競争力を高めることができる、
などいいことずくめ。

それに対して発送分離をして、売電を自由化したところは、
最初は安くなるが、競争の結果 寡占化がすすみ、
自由化の前より高くなったところもある。
自由化したら料金に規制はかけられないから、値段は上げ放題。



44 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:08:44.45 ID:TOBwXfLV
自由化、発送電分離で電気代下がるのは幻想。
発電所建てるのに環境アセス含め数年がかりで何千億の初期投資が必要なのに新規参入は難しい分野だろ。

新電力は供給量に限界があり利用者全てまかなえるわけないのに、利用者は電気を必ず必要とする。
新電力だけで、需要に答える事は確実に出来ない。格安航空チケット誰でも乗れるわけない。

普通既存電力は自由化したら値上げして多少シェア取られても利益上がるようにするはずだ。新電力は少し下の料金設定と予想

ただ既存電力が原発持っていると新電力は沖縄以外戦えないので、脱原発とセットで送発電分離を語りたがる。
原発が既存電力の足かせになるか武器になるかは新電力にとって大きな違い
脱原発と発送電分離は一緒に語る奴は利権絡みと思った方がいい。

まあ本気で外資とかシェア取るため参加しようとすると既存電力買収したほうがはやい、今安いしなノウハウが違うから。
環境エネで儲けるだけなら太陽発電したエネを強制的に買い取らせた方がいいな。

福島の賠償金で苦しむ東電は新電力にとって戦いやすいから東北電力なんか狙い目だな


45 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:10:06.02 ID:CCmd6vb6
発送電分離をするまえに
さっさと新聞の専売店制度をやめてしまえ
構造は同じだろ



46 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:12:17.07 ID:2+8h/uvu
今度の東電の電気代値上げって、
冬のボーナス分も入ってるんだってね。
日本は利権で雇用や産業が痛めつけられ、
無限に生活保護などの社会保障が増大して
国際競争力を失う。

勝ち組は食物連鎖の下のほうの人って馬鹿にしてるけど、
下の人がいなくなれば上の人も困るんだよ?


47 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:16:34.83 ID:JEpvE4WG
新自由主義者は現実を教科書に従わせる輩。
浅知恵の極みだね。



48 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:17:18.49 ID:dcb1t65w
>>12
そのドイツで太陽光パネルの会社がどうなったか知っていますよね?


49 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:18:03.10 ID:ulIVLAJ7
んで、トラブルはどっちが責任取るの?


50 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:19:02.78 ID:3oqwUofn
もうジャパネットたかたにやってもらうしかないな


51 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:20:36.71 ID:JEpvE4WG
電力はストックできない。
使用量の日変動が大きく設備効率は高くないが、
生産調整は簡単ではない。

こんな当たり前のことが分からない経済学者が
現場をかき回す。橋下関西連合のように。止めてくれ。


52 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:21:29.21 ID:xW/nh3Wr
電気料金が跳ね上がるわな。アホじゃないの死ねよ。


53 :鶏卵素麺 ◆ycPMmieRpw :2012/06/02(土) 10:26:31.66 ID:hiXSGgXA
本当に大事なものならすぐに国営化だろ?


54 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:30:33.26 ID:2+8h/uvu
>>51
直接は貯蔵できないから、
水素とかの形で擬似貯蔵するのでは?


55 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:30:39.38 ID:+dcFRUBl
先物市場

まさかを先にコレを出してくるとは
流石にここまでは、予想してなかったわ

(釈迦に説法かもしれないが)一応、
発送電分離の場合多くは、事前に将来の電力使用量を宣言に購買を約束してって予約の契約市場と
いざ其の時に余ったや足りなくなったって直近の電力市場って
二つのマーケットを使って電力受給をコントールするのが多くのパターンです



56 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:33:01.92 ID:+dcFRUBl
>>53
そう

本質的に価格や供給のコントロールをするとすれば、そうする以外に無い
極端だが分かり易い例で言えば、河野交通の高速バスみたいな話を容認するなら自由化でもいいんだけどね



57 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:40:23.96 ID:JMJNOk87
お、おせぇ


58 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 10:48:35.86 ID:JZR+PQRo
先物市場で儲ける人、今まで不要だった営業コスト、会社数が増えることによる経営者のコスト、
さらに電力会社の技術経験者なんて人数が限られていて人材獲得表層も激しくなるから給料レベルも上がる。

それを考えれば、相当な値上がりがあるだろうな。

特に利益を得るのは、増えた会社に天下りができる経済産業省OB、金融業者であることに違いはない。


59 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 11:01:54.53 ID:xW/nh3Wr
先物が値上がりして、モルガンやゴールドマンサックスなどが金を儲けるためには
電力不足、燃料不足に陥らせ、国民をパニックにさせる必要があるわな。

なんだかマスゴミが執拗に電力会社に絡んでんな、と思っていたら、またあいつらの仕業かよ。
大体、物資は10%の不足で3倍の価格がつくという。不足が進めば青天井。
穀物や燃料やらの先物取引で金を稼いでいたような惨めな商売人。社会構造にお前のような商売は必要ないんだよ。
お前のしていることは商売ですらないわ。取引場から追い出されて破落戸出来なくなったんだよな?
今度はここで破落戸するつもりかい?惨めだねぇw


平たく言うと、一般人は電気が買える。極端に貧しいと電気は買えない。それが今の状況。
今後これがゴリ押しされると、金持ちは電気が買える、大抵の人たちは電気が買えなくなる。


60 :名刺は切らしておりまして:2012/06/02(土) 11:23:02.25 ID:pzrBxEge
>>1
伊藤元重

国売りキチガイ
あらゆる売国に関わるクズ